髪と頭皮をすこやかに保つ正しいシャンプーのやり方とは?

シャンプーをしてもらう犬

 

あなたは正しい方法でシャンプーをしているという自信がありますか?
間違ったシャンプーのやり方をしていると、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

 

美しい髪のためにと思って一生懸命ケアしていることが、かえって髪や頭皮のダメージになっているなんて悲しすぎますよね。

 

そこでこの記事では正しいシャンプーのやり方をご紹介!

 

自分のシャンプーのやり方に自信がないという方はもちろん、自信があるという方も一度目を通してみて、本当に自分のシャンプーのやり方が正しいものかどうか確認してみてくださいね。

 

ブラッシング

シャンプーの前にまずブラッシングをします。
ブラッシングで髪の絡みやもつれをとかすことで、シャンプーの時の抜け毛や切れ毛を防ぐことができるんです。

 

また髪についたほこりやゴミなどの汚れも、ブラッシングによってあらかじめ落としておくことができるんですね。

 

さらに頭皮の血行も良くなり、毛穴が開きやすい状態になって頭皮の汚れも浮いて落としやすくなるんですよ。

 

ブラッシングはいきなり頭頂部からとかすのではなく、絡まりやすい毛先からとかすようにします。

 

決して絡まった部分を無理にグイグイ引っ張ってとかさないようにし、あくまでもやさしくブラッシングすることが大切ですよ。

予洗い

ブラッシングの後は、ぬるめのお湯で髪と地肌を十分に濡らしながら予洗いしましょう。

 

予洗いによって汗やホコリ、ヘアケア剤などの水溶性の汚れが落とせ、また頭皮や髪の汚れを浮き上がらせることができます。

 

ブラッシングと予洗いで髪の汚れの7割は落ちると言われているんですよ。
また、しっかり予洗いすることでシャンプーの泡立ちが良くなります。

 

シャンプーの泡は汚れを落とすものであると同時に、髪どうしの摩擦を防ぐ働きもしています。
予洗いでシャンプーの泡立ちが良くなることで、シャンプー時の髪のダメージを防ぐことにもなるんですね。

 

さらに予洗いによって毛穴が開き、シャンプーが頭皮になじみやすくなるという効果もあるんですよ。

 

予洗いは少なくとも2分程度は行いたいですね。

手で泡立てる

シャンプーを直接髪や頭皮につけると、刺激が強すぎたりムラづきする恐れがあります。
まずシャンプーを手に取って、良く泡立ててから使うようにしましょう。

 

頭頂部は紫外線のダメージを一番受けている部分です。
シャンプーをつける時は、後頭部や側頭部につけてから全体になじませるようにしましょう。

頭皮をもみほぐすように洗う

髪の汚れは最初のブラッシングとぬるま湯による予洗いで、ほとんど落ちています。
ですからシャンプーのポイントは、髪を洗うのではなく「頭皮を洗う」のを意識することです。

 

髪の毛の汚れは、シャンプーの泡が行き渡れば落ちます。

 

洗う際は指先を細かく動かしながら、指の腹で地肌をマッサージするようにやさしく洗いましょう。
頭皮をマッサージすることで血行が良くなり、毛穴に詰まった汚れも取れやすくなりますよ。

 

襟足から頭頂部へ、側頭部から頭頂部へ、髪の生え際から頭頂部へと洗い上げます。

 

強くこすったり爪を立てたりすると頭皮に傷がつき、薄毛や抜け毛の原因になるので注意しましょうね。

 

耳の後ろから襟足、耳の上あたりなどは洗い残しが多い部分。
ていねいに洗うようにしたいですね。

すすぎ

すすぎで重要なのも、髪の毛をすすぐよりも頭皮をしっかりすすぐことを意識することです。

 

頭皮にシャンプー剤が残ると刺激になり、かぶれたり湿疹がでたりと頭皮トラブルの原因につながります。

 

「シャンプーよりも時間をかける」つもりで、シャンプーが残らないよう十分にすすぐことが大切ですよ。

 

指の腹で頭全体をマッサージするようにすすぎましょう。

 

シャンプーの時と同じで耳の後ろから襟足、耳の上あたり、そして生え際にはシャンプーが残りやすいので、ていねいにしっかりすすぐようにしたいですね。

トリートメント

トリートメントは髪のダメージを補修するものです。
頭皮には付けないように気をつけて、毛先から全体になじませるようにしましょう。

 

トリートメントは髪になじませた後、しばらく置くと効果的です。
その後、十分にすすぎましょう。

タオルドライ

髪の表面をうろこ状に覆って髪を守っているキューティクルは、濡れると開いた状態になります。

 

髪を濡れたままにしておくとキューティクルが開いたままになり、髪内部の水分や栄養成分が流出してパサつきや傷み、切れ毛などの原因になるんですね。

 

また頭皮が濡れたままだと雑菌が繁殖してニオイやフケの原因になります。

 

シャンプーの後はタオルドライとドライヤーのブローで、しっかり髪と頭皮を乾かすようにしましょう。

 

タオルで髪をやさしく押さえるように水気を取ります。
キューティクルどうしがこすれて傷みやすくなるので、髪どうしをこすりあわせないように注意しましょう。

ドライヤー

ドライヤーは髪から10cm以上離して行うと髪を傷めません。
また風量の多いドライヤーで短時間に乾かす方が、髪へのダメージが少なくてすみますよ。

 

髪の根元に指を入れて小刻みに動かしながら風を送り、頭皮から乾かすように意識します。

 

髪の毛はキューティクルの流れに沿うように、根元から毛先に向かって風を当てるようにして乾かしましょう。

 

ページの先頭へ戻る